JPT第7戦 JBCF富士山ヒルクライム

6/16(日)に、2013年Jプロツアー第7戦となる「JBCF富士山ヒルクライム」が、

静岡県小山町にあるふじあざみラインの激坂ヒルクライムコースで開催。


前週の栂池高原ヒルクライム同様にチーム右京とブリヂストンアンカーの海外勢が前半からレースを支配し、

最後はルビーレッドジャージを着るトリビオ(チーム右京)が前週の借りを返す走りでモニエ(ブリヂストンアンカー)を大きく振り切って、今シーズンJプロツアー2勝目を飾りました。


宇都宮ブリッツェン勢は、

エースの飯野選手が不調ながらも強い気持ちで戦い続け、

前週同様の8位でフィニッシュしてJプロツアーの個人ランキングを1つ上げることに成功しています。

また、18歳のルーキー城田選手は今回も上りに強いところをみせつけて強豪選手に混じって11位のリザルトを残しました。



画像



1位のトリビオはヴエルタへの出場経験があり、
2位のモニエに関してはジロでのステージ優勝経験すらあります。

そんな中での日本勢、宇都宮ブリッツェン勢の走りは素晴らしかったと思います。


鈴木真理選手もこれからきっとコンディションが回復しますし、

ますます夏に向けて楽しみですね


画像












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック